本日は坐骨神経痛についてのお話です!腰痛ともかかわりが深いこの名前は、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。この記事では坐骨神経痛とはどういったものか、原因、症状、対処法などについて書いていきます。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは臀部から足にかけてでる、痛み・痺れの症状のこと。症状のことをいうので疾患名ではないので注意。原因はさまざまですが、坐骨神経に刺激や圧迫が加わり発生します。坐骨神経は下の図の青い部分です。この部分とさらに下の部分のどこにでも症状が出る可能性があります。

身体をうしろから見た時の図です。青くなっているところが「坐骨神経」です。それ以降の黄色い部分は名前が変わりますが、症状が出れば坐骨神経痛といわれます。図は「ビジブルボディからの提供」

原因

よく「坐骨神経痛=腰のヘルニア」と思っている方がいますがそうではありません。 腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)のほかに脊柱管狭窄症や梨状筋症候群といった疾患が原因になることが多いです。原因をしっかりみき見極め、早めに対処することが望ましいです。

症状

坐骨神経痛は中高年に多く見られ、痛み・痺れ・マヒ・冷感・灼熱感などが お尻~足先まで の全体、または一部にあらあれる。症状の進行によっては、立っていることがつらくなったり、座っている時も症状があらわれることもあります。日常生活に支障が出る前に医療機関を受診することをおすすめします。また、排尿障害や会陰部に異常感覚があるときは重度の疾患があるかもしれないので早めに病院へ行くようにしましょう。

治療

大きく分けて保存療法と手術療法があります。手術療法は排尿障害などがある場合は検討されるそうですが、まずは保存療法から始めることが多いです。保存療法はさまざまで

  • 物理療法
  • 運動療法
  • 装具療法
  • 薬物療法
  • ブロック注射 などがあります。

患部の血流を良くすること、柔軟性や筋力をアップし患部の負担を減らすことが大切です。

予防

足のストレッチをしている男性

腰・臀部への負担を減らすことが予防につながります。姿勢改善や日々のストレッチは有効です。他にも禁煙や肥満改善なども予防につながります。

ストレッチは臀部ストレッチ方法を記事にしてあるので参考にしてください。こちら

根岸町接骨院では

背部のマッサージ風景
施術風景

まずは当院で対応可能かを判断します。ドクターに診てもらった方が良いものは理由も含めお伝えしますのでご安心ください。

対応可能な症状でしたら、姿勢分析や詳しい問診をとり原因を探ります。当院では一般的な施術に加え、微弱電流治療器アキュスコープの施術が可能です。坐骨神経痛でお悩みの方は根岸町接骨院へご相談ください。

カテゴリー: Blog