腰痛の悩みのひとつに坐骨神経痛があります。腰から出ている坐骨神経が刺激されることにより下肢にしびれや痛みが発生します。詳しくは以前の記事にあるのでそちらをご覧ください→https://negishi.in/zakotun-2/

本日はその原因の1つ梨状筋症候群についての解説です。

梨状筋症候群とは?

梨状筋は臀部の深いところにある筋肉です(図2の青部分)。その梨状筋の下を坐骨神経(図では黄色管)が通ります。この梨状筋が固くなることで坐骨神経を圧迫し痛み、シビレの症状が現れます。

梨状筋症候群の原因は?

梨状筋が固くなってしまう原因は様々です。スポーツや日常生活で繰り返し身体を捻る動作をしたり、デスクワークなどで長時間座っているなど。筋肉の柔軟性が落ちることで症状が現れます。

梨状筋症候群の対応

梨状筋やその周りの筋肉を緩めることを行います。ストレッチやマッサージ、電療などがあります。

根岸町接骨院では深部の筋膜リリースを行うことで、身体の深い部分にある梨状筋を緩めることが出来ます。さらに身体全体のバランスを整えることで一部分に負担が掛ることを避けることが出来ます。。ストレッチ指導もしっかりと行いますのでご安心ください。

梨状筋症候群の予防ストレッチ

無理はせず毎日コツコツ行いましょう!!

梨状筋症候群でお困りの方はご相談ください!!

横須賀市の根岸町接骨院では「痛みの出ない習慣」を提供しています。一時的な痛みの緩和ではなく、習慣を変えることで原因根本から解決できます。皆さんの生活がより輝いたものになるよう施術してまいります。

LINE公式では当院に関する質問、お身体に関する質問を受付けておりますのでお気軽にご連絡下さい。予約もこちらから可能です。

友だち追加
カテゴリー: Blog腰痛