腰痛の時は安静にしたほうがいいの??

ぎっくり腰の患者さんによく聞かれる質問の一つ。

結論「安静のしすぎは良くない、ベットでの安静は長くとも2日まで」

と、言われています。昔は痛い間は寝ていなさい。なんて指導もあったそうですが、今は出来るだけ普段通りの生活をするように指導します。

もちろん痛みが増強するような・重いものを持つ・腰を屈める・長時間の運転・子供をおんぶする等は避けてもらいます。痛みながらも動くことで血流が良くなり治癒促進につながります。

安静のデメリット

安静のしすぎのデメリットは精神的に暗くなってしまうことです。痛みと精神状態はとても密接に関係しているので、気持ちが暗くなると痛みが増強してしまいます。また、同じ姿勢でずっといると身体が固くなってしまい、それも痛みの増強につながりまた気持ちが暗くなります。

北久里浜の根岸町接骨院ではこういった悪循環にはまらないよう、出来るだけ生活に支障のないように施術を行っていきます。

根岸町接骨院のぎっくり腰治療

  • 腰痛のために作られた手技理論
  • 疼痛軽減に効果が高い微弱電流治療器「アキュスコープ」
  • KTテープや腰部コルセットなどの補助具
  • 痛み軽減のためのセルフストレッチ指導
  • 上記を最大限生かすための原因分析

これらのものを駆使して計画的に施術をすすめ、患者さんにもしっかりお伝えしています。患者さんも腰痛ってそういうものなのかと理解できれば、過度に心配することもなくなり、治りも早くなります。

根岸町接骨院で腰痛の悩みから解放されましょう(^^)/

カテゴリー: Blog