こんにちは!根岸町接骨院の佐野です。

今日からは腰痛の種類についてそれぞれ詳しく解説していきます。今日は「筋・筋膜性腰痛」についての解説です!

筋・筋膜性腰痛

筋・筋膜性腰痛は、腰の筋肉やその周りについている筋膜に急激、あるいは慢性的に負担がかかり損傷したり、凝り固まってしまうことで起こります。
筋・筋膜が原因なのでレントゲンを撮っても骨には異常はありません。いわゆるぎっくり腰は急性の筋・筋膜性腰痛であることが多いです。

~原因~

スポーツなどで腰に急激な負荷がかかった場合や、不良姿勢などで慢性的に筋肉・筋膜へ負担をかけていた場合に起こります。
具体的な内容は
・前傾姿勢
・中腰姿勢
・重いものを持つ
こういったことを繰り返し長時間行うことで腰痛として現れます。

~経過~

通常であれば自然治癒力によって3週~3ヶ月で治ることがほとんどです。基本は安静ですが、ずっと寝ているわけではなく強い痛みが落ち着いたら出来るだけ動くようにしましょう。もちろんスポーツや重いものを持つなどはNGです。
筋・筋膜性腰痛の予後は良好とされているので、適切な処置を早めに受けていれば大きな問題は起こりにくいです。

~当院での対応~

当院の施術は痛みの出ない習慣を手に入れてもらえるようプランニングしています。
急性期(ぎっくり腰)の場合は、腰部にはほとんど触りません、腹部や脚の筋膜をはがすことで余計な緊張がなくなり痛みが軽減できます。また炎症を抑える微弱電流を流し、その身体の自然治癒力をupさせます。

痛みが落ち着いた方、また慢性期の方には骨格の調整とインナーマッスルのトレーニングをしていきます。
この2つをしっかり行うことで再発を予防し、不安なく生活することが出来るようになります。
この2つは習慣にしてもらいたい、自宅でも出来るように指導させてもらっています。

外観

横須賀市の根岸町接骨院では「痛みの出ない習慣」を提供しています。一時的な痛みの緩和ではなく、習慣を変えることで原因根本から解決できます。皆さんの生活がより輝いたものになるよう施術してまいります。

LINE公式では当院に関する質問、お身体に関する質問を受付けておりますのでお気軽にご連絡下さい。予約もこちらから可能です。

友だち追加
カテゴリー: 未分類腰痛