座っているときの腰への負担

今日は座ってるのは腰に結構負担が掛かってます。と言うお話。

背骨の間には骨と骨の間に「椎間板」というクッションがあります。そこにかかる負担を調べると、

立っている姿勢を100%と基準にしたとき、座っている状態では140%と立っているより腰に負担がかかっています。

さらに立っている状態で前傾になると150%で、座って前傾で185%です。

立っているより座ってのいる方が腰への負担が大きいのは意外だと思います。座りすぎはご注意を!!

次回お話しする時は画像付きで、もう少しわかりやすくしますねー

カテゴリー: Blog